緞帳(どんちょう)

舞台上演の区切り、転換を客席から見えないようにするための機能をもつ。舞台と客席を仕切る最も豪華な幕
<参考>舞台の用途や規模によってつづ(綴)れにしき(錦)織・フック織・刺しゅう(繍)・アップリケなどが用いられるが、一般的な学校・講堂・公共施設関係には厚地のジャガード紋織どん(緞)帳地や別珍などが用いられる事が多い。昇降方式にはとばし上げ式・畳上げ(折上げ)式・ドラム巻上げ(巻取り)式・絞り上げ式、開閉方式には両開き式(引き割り・割どん)片引き式などがある。

関連記事