番手(ばんて)

紡績糸の太さの単位のこと。一定の重さに対する長さの割合。数値が大きくなるほどに糸は細くなる。

関連記事