シュライナー加工

綿布に、細い筋を約45度の角度で刻んだローラーを高熱化で加圧して、絹のような光沢を与える加工のこと。ドイツのシュライナーの発明によるもので、疑絹つや出し加工とも言われている。

関連記事