オパール加工

ポリエステル繊維など合成繊維と、綿、レーヨンなどのセルロース系繊維など二種の繊維を交織、交編し、酸に弱い一方の繊維を硫酸などで捺染、セルロース系の綿やレーヨンを溶かし、透かし模様を作る加工。現在特殊ポリエステルを交織した、ポリエステル100%のオパール加工もある。

関連記事