どんす張り

張り下地を幾層にも重ねてから、白ネルを張って平滑でふくよかな下地を作り、表地に「どんす」のような高級な織物を張る工法のこと。昨今では基準をクリアしたファブリック(カーテンや椅子生地)とガラス繊維を使用し、専用の固定部材(ジョイナー等)で仕上げることで不燃認定が取得できることから用途が広がっている。

関連記事