ヌードクッションって?

クッションの中身ってどれがいいの?
クッションの中材の選び方

クッションの中材っていろいろあるけれど、素材や機能はどう違うのか?
THE CUSHION JAPANのクッション中材は全部で4種類をご用意しております。
ここでは各商品の特性などをご紹介いたします。

1.<ポリエステル綿>ヌードクッション

【とにかく安くて質のいいものをお求めの方へ】オススメしています

一般的に最も普及している中材です。
お求め易い価格ですので、交換も気軽にできる点が魅力です。
こちらはポリエステル綿の中でも上質な帝人クラスターのものを使用しております。
弾力があり耐久性に優れておりヘタりがほとんどありません。
圧倒的なふんわり感と心地よさです。
当店ではイレギュラーなサイズ(横長など正方形でないもの)はこちらのポリエステルの中材が入っています。
もちろん安心の日本製です。

【ご注意】
こちらの商品は洗濯可能ですが、仕上げには乾燥機を弱で必ずご使用下さい。
使用頻度や使用方法にもよりますが、使っているうちにヘタってきてしまいます。

2.<スモールフェザー>ヌードクッション

【ホテルの枕のような上質な使用感をお求めの方へ】オススメしています

一般的に高級なインテリアショップで販売されている中材です。
当店では柔らかいイギリス産ホワイトダックスモールフェザーを使用しております。
スモールフェザーとは腹部などに生えている少しカーブした羽軸をもつ小羽根のことで、普通のフェザーに多くある固い芯が無く、軽く、細かく、柔らかで小さい物になります。
また、より、ふかふか感が出るようにダウンが約10%混ざっています。
安価なフェザーには、フェザー特有の皮脂の臭いが強く家庭で洗濯できないものが多いですが、当店のスモールフェザーは、臭いも極力少なく、ご家庭でお洗濯(必ず乾燥機弱使用)していただくことも可能です。
海外製品でよくある臭いの原因となる羽根の根元の皮脂は、乾燥を念入りにすることで少なくなりますが、羽根が折れやすくなりカバーから折れた部分が出て来てしまいとても危険です。
心地よくご使用いただけますように、国内でより丁寧に手間をかけ乾燥処理を行い、臭いの少ないスモールフェザーのヌードクッションを製作しております。
また、大手通販などで販売されている重さ(g)でボリュームを表している重い物が多くありますが、沢山の空気を含むことができる良質なフェザーはとても軽いため、単に重さだけでは質の高さは分かりません。
当店ではフェザーで重い物は、大振りの羽根や芯が混入しており、クオリティーが下がると考えています。
当店の中材はとても軽くボリューム感たっぷりの仕上がりとなっており、ヘタりを感じたら両手でパンパンと叩いて空気を入れ込めば元に戻ります。
もちろん安心の日本製です。

【ご注意】こちらの商品は洗濯可能ですが、仕上げには乾燥機を弱で必ずご使用下さい。

3.<スモールフェザー+ウレタンチップ>ヌードクッション

【身体をしっかり支えてくれる固めがご希望の方へ】オススメしています

あまり他店では見かけない、お客様の声から生まれた当店オリジナル商品です。
高級スモールフェザー50%+ウレタンチップ50%をブレンドして仕上げております。
沈み込みが苦手で体圧をしっかり支えてくれる、少し硬めのクッションがお好みの方用のクッション中材になります。
背もたれなどにお使いいただく際に、海外のソファーにありがちな奥行きがあり過ぎて、もたれるのが難しい方や、身体の大きな方もしっかりとした支え感がありますので、遠慮なく体重をかけられます。
すぐにペタンコになってしまう他素材の中材との違いをお試しください。
安心の日本縫製です。

【ご注意】こちらの商品は洗濯できません。

4.<マイクロファイバーわた>ヌードクッション

【アレルギーが気になる方、もちもちふわふわ感をお求めの方へ】オススメしています

あまり他店では見かけない、もちもちふわふわの羽毛タッチマイクロファイバー綿を使用した中材です。
やさしく、やわらかな羽毛に包まれているような触り心地です。
ホテルで寝ているようなあの感触をご自宅でも感じてみませんか

マイクロファイバー綿は極細繊維が空気を含ませながら絡み合った綿で、まるで高級羽毛に包まれているような柔らかな肌触り、暖かさ、フィット感を得ることができます。
低反発のように、ゆっくり沈んでゆっくり戻ります
ほこりが出にくいポリエステル綿でアレルギーの心配もないので、動物性アレルギーの方や動物性の匂いが苦手な方にもおすすめです。

使用しているマイクロファイバーわたは「東レftマイクロ綿」です。
■日本製
■極細繊維のマイクロファイバー綿を使用し、まるで羽毛のような柔らかな感触でフィット感があります。
■側生地は、ダニや寄生虫の侵入を防ぐ目詰め加工したダウンプルーフ生地を使用。
■羽毛の枕を使用したくても、動物性アレルギーで使えなかった方や、においが苦手な方にもオススメです。
■ゆっくり沈み、ゆっくり戻る性質で柔らか目な仕様となっております。柔らかめがお好みの方におすすめです。

【ご注意】
反発・弾力性のある「わた」を使用しておりますので、手洗い可能です。お洗濯の際は綿崩れを防ぐために、優しく手押し洗いでお願いします。お洗濯後は乾燥機を使用せずに形を整えて陰干しし十分に乾燥させてからご使用ください。

以上が4種類の中材のご紹介でしたが、どれも甲乙つけ難いですよね。
クッションの中材にはそれぞれ特徴があり、お客様のご希望や使用方法などにもよって、選ぶポイントが異なります。
ぜひご参考にしてください。

紹介アイテム

特集一覧